AFRICA ON AIR

アフリカ情報をオンエア中!ケニアの生活・ビジネス・観光から、英語・青年海外協力隊・オピニオンまで幅広く発信してます!

blog3

ブログ 考察

“3割発信理論”に基づいてブログを公開していきます

投稿日:

“3割発信理論”

耳慣れない言葉ですよね。

 

なぜなら僕が今作った言葉だから。

けど自分としてはいまとても大事にしている概念なんで、それがどういうものか今回説明しようと思います。

ブログを始めておよそ3か月半が経過

一番最初のエントリにも書いたけど、飽きっぽい僕。

よくここまで続けてこれたと思います。

総投稿数は24本、ペースでいうと週2くらいでまったりとやってきたわけです。

正直、どこまで情報を発信し続けられるかという自信があまりなかったんで、特に大々的に公開はしていませんでした。

他にも、どういう内容の記事にするか、誰に向けたブログなのか、口調とかデザインとか、本名でやっていいのかとか、尽きないくらいの未確定要素があったわけです。

そんなうちは正直公開しないで細々とやってきましたが、それらの要素が自分の中で固まりつつあるので、そろそろ公開してもいいんじゃないかと思った次第です。

次なるモチベーションにもなるしね。

3割発信理論ってなんだ?

公開してもいいんじゃないかと思った根拠というか、その基準になったのが冒頭の“3割発信理論”。

これはどういうことかというと、

物事は3割できるようになったら周りに発信する。
発信しながらフィードバックをもらって質を高めていく。

というもの。

(言葉自体は僕が適当に作りましたが、この考え方は発信するのが上手だと僕が思う先輩から示唆を受けたものです。)

正直、ここの基準って人それぞれ、かつ曖昧だと思います。

これを知るまでの自分はどちらかというと完璧主義で、クオリティの低いものは周りに見られたくない、できる自分を見せたい、というような考え方でした。

また人によっては、逆に、やってみなければ始まらない、どんどん人に見せて反応を見たい、というように0から発信を始める人もいるかもしれません。

どれが正解というものはないはずです。

ただ、自分の中で基準を持つというのは大事で、自分にとってはこの“3割”という数字が、過度に完璧主義だった自分をいい方に矯正してくれていると思っています。

実際のところ、ブログの質に関しては理想を10として、3割もできているとは思っていません。

情報の質、頻度、デザイン、書き方、何をとってまだまだです。

それでも、方針であったり、目指す方向性が自分の中で固まって来て、なにより続けることができているので、次のフェーズに進んでみようと思うわけです。

ブログに関しては公開が早い方がいいという意見もよく目にしますしね。

それでも0から公開しないのはリスクが大きすぎたからです。

まとめ

もちろんこれはブログに限った話ではないです。

自分の仕事だったり、趣味であっても、この3割発信理論は使えると思います。

発信するものそのものの質の向上や、セルフプロデュースをする上で非常に効率的。

もちろん3割の段階では“もっとできる人”がうじゃうじゃいます。

一方で、それよりはるかに多くの0~3割の人は3割の情報を望んでいるはず。

“もっとできる人”の目にビビらずに教えを乞うくらいのつもりで、発信していけばいいのだと思います。

 

今日の気づき:10,000時間の法則を考えたら、1年経って情報発信を始めたのは、理にかなっていたのかもしれないね

 

-ブログ, 考察
-, ,

Copyright© AFRICA ON AIR , 2017 AllRights Reserved.