AFRICA ON AIR

アフリカから現地のミクロな情報をオンエア!ケニアで活動中の青年海外協力隊が、生活やビジネスに役立つ情報を中心に発信するブログです!

netliteracy

考察

【ポケモンGO】ちょっと罪の意識薄いんじゃない?っていう話

投稿日:2016-08-31 更新日:

ポケモンGO関連でひとつ思ったことを。

規約違反をしているポケモンGOのアカウントが一斉にBANされたっていう話。

 

「アフリカでポケモンGOやってみた」はコチラ↓

公式の発表によると、

多くの不正行為のご報告を受け、 Pokémon GOを不正に有利に進めたり、悪用しているユーザーに対しての対応を開始致しました。今後、明らかな不正行為が確認できたアカウントに関してはアカウント停止の措置を取ることとなります。

引用:http://pokemongo.nianticlabs.com/ja/post/cheating-bans/

最近、公式によって不正アカウントのBAN(停止措置)が一斉に行われたらしい。

外部アプリで位置情報を弄ったり、エミュレータで起動したりする不正が横行していたとか。

これを見て、「まあしょうがないよね」っていうのが直感なんですが。

「ちょっと罪の意識薄すぎません?」っていう問題意識もある。

実際は恐らく罪には問われないので、罪悪感というか、違反をしているという意識が欠けてますよね。

だから今回みたいに公式が動くと大きな話題になったりします。

これはもちろんポケモンGOに限った話ではありません。

ネット系のルール違反ってみんな一般的に罪の意識が薄いと言えると思います。

ネットって匿名のことが多いし、違反をしても罰せられるケースが限られているから。


たとえば、音楽や動画の違法アップロードやダウンロード。

何となくやってしまいがちですが、規約違反であると同時に、文字通り違法です。

2012年から、違法ダウンロードは著作権法違反で罰金・懲役の刑罰が課されるようになりました。

でも、未だ逮捕者は出ていないという。

それじゃあ誰も止めませんよね。

違法アップロードの方は見せしめ的に何人か逮捕者出ているようですが、まだまだ儲けている人はいるはず。

規制の是非はさておき、やってはいけないことはやってはいけないです。

多くの場合、間接的にとは言え、著作権者に迷惑をかけています。

でも、違法ダウンロードして悪びれてるやつなんてまずいない。

悪いと思っていないこと、それが一番問題です。


あとはいわゆるバカッターとか、SNSでの誹謗中傷とか。

これらもポケモンGOのアカウントBANと無関係の話ではありません。

罪の意識もなくネットを使ってルールを犯す、それが結果的に誰かを苦しめる、そしてその事実に気づけない。

最近、youtubeに恐らく違法にアップロードされた動画で、「子どもにスマホを持たせるべきか」という議論を見ました。

あ、視聴は合法です。

子どもにはモラルを持ってネットを使うことは難しいです。

インターネット教育とかインターネット道徳とか、そんな教育っていまあるんでしょうか。

言ってしまえば、子どもに限らずとも、ネットリテラシーを学ぶ場ってほとんどないですよね

必要では、と思っています。

また、日本警察のサイバー犯罪に対する捜査能力が低いという指摘があります。

とは言え、今回のポケモンGOもそうですが、取り締まろうと思えば大概のことは取り締まれると思います。

これは個人的な意見ですが、ネットでの違反行為にまだあまり厳しい罰が下されないのは、利用する側に罪の意識がないから。

今後ネットが日常生活の中に更に入り込んでくると、知らなかった、悪いと思わなかったで済まされなくなることが増えてくるはずです。

もちろんルール違反はしてはいけません。

でも同時に、それが悪いことだと判断できる能力もとても大事だと思うのです。


と、まあここまではネットリテラシーに関しての問題提起でした。

ぶっちゃけ内心は、それらの規制を「どうかいくぐれるか」が大事だと思ってたりします。

もっと罪の意識を持ちましょう。

そして人生のアカウントBANされないように上手く立ち回りましょう。

というお話でした。

 

-考察
-, , ,

Copyright© AFRICA ON AIR , 2017 AllRights Reserved.