AFRICA ON AIR

アフリカ情報をオンエア中!ケニアの生活・ビジネス・観光から、英語・青年海外協力隊・オピニオンまで幅広く発信してます!

考察

「息子は父親の背中を見て育つ」のか?僕が父親から学んだこと

投稿日:

親が子を見てるように、子も親を見てます。

僕の年齢になると子どもを持ってる人も少なくないですが、今回は「子」としての目線で考えを書いていこうと思います。

Twitterでこんなツイートを見ました。

確かに、一般論でいうと「女の子と母親」って一緒に出掛けたり遊んだりしている人も多いし繋がりが強いイメージだけど、その割に「男の子と父親」ってそういう印象がないですよね。

でも、僕は父親をすごく見てきたし、憧れを持って生きてきた。

普段から意識して生活しているわけではないですが、振り返って考えてみると影響を受けていたなと思うことも多いです。

「息子が父親から学ぶこと」

これについて自分の経験をもとに書いていきます。

息子は父親に影響を受ける

僕が「父親から影響を受けたもの」といえば、趣味・体格・タバコの銘柄・ネクタイの結び方…。パッと思いつくのはこれくらいでしょうか。

まずは趣味ですが、一緒に野球観戦したり釣りしに行ったり。野球も釣りも好きなのは、父親がそういうところに連れていってくれた影響ですね。

最初は半強制というか、「○○行こう」「うん、行く」みたいなやりとりから始まるんだと思いますが、少なくともそういう新しいものに触れるチャンスを与えてくれる人って小さいころは父親しかいません。

それから体格。僕の父親はガタイがいいです。

草食系とか細マッチョとかに代表されるように、細身なほうがもてはやされがちなこのご時世でも、親父を見てきたからかごつくて男らしい体系に憧れを抱くんですよね。

そしてタバコ。大学時代に一時期吸っていたのは父親と同じキャビンでした。

周りの友人からは、キャビンはオヤジ臭いとか言われてましたが笑

流行りというか、「吸っているとイケてる」みたいな銘柄もありましたが、それでもキャビンにこだわって吸ってたのは間違いなく父親の影響ですね。

ネクタイの結び方もそうです。

僕がネクタイの結び方を最初に教えてもらったのは父親でした。その結び方を今でも続けてます。

 

と、今思い返すだけでも「いろんなところで父親の影響を受けていたんだな」と思います。

他にも、人によっては会社選びとか、人生観とかいろんなところで影響を受けているんじゃないでしょうか。

男同士という関係

もちろん、父親のいい面だけでなく悪い面も見てます。

たとえば、かっとなりやすい性格とか。

僕は人に怒鳴るということを基本的にしないですが、それは父親の影響があるのかもしれません。

それが良いか悪いかは別として、僕は幼いころからそういう態度を見て悲しい気持ちになったのは確かなので。

「両親の関係を子どもはよく見てる」というのはよく言いますが、特に父親の母親に対する態度を息子はよく見てます

同性として、異性とのかかわり方を本能的に学ぼうとしてるのかもしれませんね。

 

それから、女の子と母親のガールズ?トークがあるのに対して、男同士の語り合いもあります。

はじめて父親と二人で飲みに行ったときは心から感動したのを覚えてます。

母親と仲がよくても、父親にしか話せないことってあるんですよね。

いわゆる女の話とか、洒落臭い夢の話とか。

同時に、父親が母親に話せないけど息子には話せるっていうのもある気がします。

クレヨンしんちゃんに出てくるひろしとしんのすけの「男同士のお約束」ってやつでしょうか笑

まとめ

「息子が父親から学ぶこと」について、自分の経験からまとめてみました。

息子は父親に憧れて生活の中の細かいところまでマネしてみたり、逆に悪いところを反面教師にしたり。

母親と娘の関係と同じように、父親と息子の男同士の関係もかなり強いものです。

一般化できないのは当然のことですが、「息子は父親の背中を見て育つ」のは確かですね。

 

★コチラの記事も読んでみてください

ケニアのここが好き!2年間住んで感じたケニアの素敵なところ5つ挙げてみる

【実話】ケニアで隣人にお金を貸したお金の話

-考察
-,

Copyright© AFRICA ON AIR , 2017 AllRights Reserved.