AFRICA ON AIR

アフリカから現地のミクロな情報をオンエア!ケニアで活動中の青年海外協力隊が、生活やビジネスに役立つ情報を中心に発信するブログです!

daizu

ビジネス 日記

クラウドファンディングでケニアの大豆農家をサポート!

投稿日:2016-11-12 更新日:

僕の先輩がクラウドファンディングに挑戦してます。

完全に独断で記事書いてます。

ケニア協力隊の先輩のプロジェクト

最近クラウドファンディングで、あるプロジェクトを支援しました。

それは元ケニア協力隊の先輩がやっているプロジェクト。

crowdfunding1https://readyfor.jp/projects/Alphajiri

※2016年11月11日現在、支援総額1,754,000円。
 残り日数17日で、目標まであと246,000円です。
目標金額達成済

是非リンク先より詳細を読んでみてください。

プロジェクトの内容

僕の協力隊の先輩である薬師川さんが任期終了後に設立した会社が「Alphajiri Limited」。大豆を農家から買い取り、加工メーカーに卸す商社です。

その会社が何故、今回クラウドファンディングをしているかというと、その目的は選別用機械の導入です。機械を導入することで、選別作業にかける負担を減らし、対象農家の拡大や栽培指導に時間・費用を割けるようになるとのことです。

僕は、このプロジェクトがとても社会的インパクトの大きいものだと思って、少額ではあるけど支援することにしました。というのも、僕はケニア農業省の地方オフィスに配属され、いままで田舎の農家の現状を見てきました。

・農家が栽培した作物の販売先が見つからない
・販売先があっても業者に買い叩かれている
・作業が非効率的で多くの収益をロスしている

などの問題。正直これだけではないです。ケニアの農家は問題が山積み。Alphajiriがビジネスを通して解決しようとしていることの大きさを痛感します。

僕は、この会社が取引している農家に直接会ったことはもちろんありません。でもこのプロジェクトが実現すれば、多くの農家に幸せもたらすことは間違いないと断言できます。

薬師川さんという人

僕がこのプロジェクトを支援しようと思ったもうひとつの理由は“薬師川さんだから”です。

薬師川さんは、ケニアの青年海外協力隊の僕の先輩です。協力隊の任期中に今の会社の前身となる会社を立ち上げ、2年間の協力隊任期が終わってすぐにケニアに戻ってきて、今の会社を経営しています。

僕は薬師川さんと9ヶ月くらい任期が被っていて、何度かナイロビでお会いして話したことがありますが、一言で言うならパッションに溢れている人です。

もちろんプロジェクトの内容についても強い共感がありましたが、実際この人だから支援したいという気持ちが強いです。

ビジネスの資金にクラウドファンディングを利用することについては議論が多々あることでしょう。でも僕には薬師川さんが「農家を支援したい」という強い思いで動いているということが分かるので、ビジネスだろうがなんだろうが応援したいです。

まとめ

ケニアの大豆商社のクラウドファンディングについて、思いの丈をの綴りました。

正直、ビジネスの資金としてでなく単純に援助ベースのプロジェクトだったら、とっくに目標金額が集まってるのかもしれません。

ただ僕は、ビジネスとしてだからこそ今回のクラウドファンディングに価値があるんだと思います。

成功するように願ってます。

 

-ビジネス, 日記
-, ,

Copyright© AFRICA ON AIR , 2017 AllRights Reserved.