AFRICA ON AIR

アフリカから現地のミクロな情報をオンエア!ケニアで活動中の青年海外協力隊が、生活やビジネスに役立つ情報を中心に発信するブログです!

coffee_olympic

趣味

リオオリンピックが終わってしまったので、ひとりでコーヒーオリンピック開催してみた

投稿日:

コーヒーオリンピック。

それは4年に一度、世界のどこかで密かに開催されるという、コーヒー界の頂点を決める夏の祭典

 

リオオリンピックは大熱狂のうちに幕を閉じました。

日本の総メダル数は史上最多の41個。

僕はというと、ケニアからネットで中継を見ていて、タカマツの逆転金メダルにソファの上で飛び跳ね、男子400mリレーの銀メダルに鳥肌が立ち涙が出ました。

 

さてさて、オリンピックも甲子園も終わってしまってちょっと寂しいなとお思いのあなたに朗報です。

なんと、ここケニアはエンブで、コーヒーオリンピックが開催されるようです。

コーヒーの美味しさで頂点を競います。

もちろん、僕の独断と偏見で

それではさっそく選手入場です。

coffee_olympic

各国代表選手紹介

エントリーナンバー1番

sol1

「cafe SOL」

モザンビーク代表。
太陽のコーヒー。
モザンビークコーヒー、聞いたことないのでその実力は未知数!

エントリーナンバー2番

tomoca1

「CAFFE TO.MO.CA」

エチオピア代表。
TOMOCAコーヒー、聞いたことあります。
コーヒー文化があり、アラビカコーヒーの発祥の地とも言われるエチオピア。
今大会の金メダル最有力候補!

エントリーナンバー3番

gorilla1

「Gorilla’s COFFEE」

ルワンダ代表。
同期隊員からいただき物のルワンダコーヒー。
パッケージがかなりしっかりしていて、ゴリラのイラストもかわいい。
ゴリラはルワンダの貴重な観光資源です!

エントリーナンバー4番

out1

「Out of Africa」

ケニア代表。
日本人がケニアで創業したOut of Africa社のコーヒー。
ケニア土産の定番です。
言わばケニアと日本の共同戦線で金メダルなるか!

どうやって競おうか…

さて、さっそくここで問題が。

どういう形式で大会を進めていこうか。

柔道やレスリングのようなトーナメント方式。

バドミントンや卓球みたいにダブルスでもいい。

いっそ団体戦…。

 

いや、ここは体操で金メダルを取った内村航平選手にあやかって、採点方式で行こう!

淹れ方はペーパードリップです。

coffee_olympic2

coffee_olympic3

使用感の否めない、いつものカップでいただきます。

採点基準はコチラ↓

・香りの強さ・風味の濃さ・苦味の強さ・酸味の強さを1〜5の5段階で評価(高ければ良いというわけではない)。
・それっぽくコメントを加える。
・個人的な好みで体操競技風に点数化。

という感じ。

※筆者は完全なるコーヒー初心者、ド素人です。
 ネタとしてお楽しみください。

競技開始!

トップバッターはモザンビーク代表「cafe SOL」。

sol2

見にくいけど、かなり細引きの深煎り。

香り:2風味:3苦味:4酸味:1

コメント:大人の味、刺激的な味

さあ得点は……

15.200

初っ端から高得点が飛び出しました!

香りとは裏腹にパンチの効いた味。

酸味の少なさも高く評価されました。

 


続いて2番、エチオピア代表「CAFFE TO.MO.CA」。

tomoca2

こちらも細挽き深煎り。

香り:3風味:2苦味:2酸味:1

コメント:スッキリとした味、独特の臭み

さあ得点は……

12.900

うーん…

残念ながら一発勝負の怖さがここで出てしまいました。

独特の生臭いような香りが、審査員の好みに合わなかったようです。

 


3番目はルワンダ代表「Gorilla’s COFFEE」の演技。

gorilla2

前の2つと比べると煎りは浅め、挽きも荒いです。

香り:1風味:3苦味:1酸味:3

コメント:軽くて飲みやすい、リラックスできる

さあ得点は……

14.500

高得点だが暫定一位の「cafe SOL」には及びません!

万人受けするような軽さで、朝に飲みたい一杯。

ゴクゴク飲んでしまいたくなるような味です。

 


ラストを飾るのはケニア代表「Out of Africa」。

out2

おっと、これは前の3つと比べるとかなり浅煎り。
※パッケージにはMedium Roastとあります。

香り:4風味:2苦味:1酸味:5

コメント:フルーティ、香りとコクのバランス

さあ得点は……

13.800

うーん、伸び悩んだ!

浅煎りだからと言われればそこまでだけど、酸味がかなり強い。

好き嫌い分かれそうですが、僕は好きです。

表彰式

なんと、優勝はモザンビーク代表「cafe SOL」。

下馬評を完全に覆しましたね。

モザンビークコーヒー、これから要注目かもしれません。

それでは、金メダルを獲得した「cafe SOL」選手の嬉しそうな様子をご覧ください。

 

 

 

goldmedal

 

 

 

次回は4年後、開催地はTOKYOです。

本当に行われるかどうかは誰も知りません。

 

おしまい。

 

-趣味
-, , , , , ,

Copyright© AFRICA ON AIR , 2017 AllRights Reserved.