AFRICA ON AIR

アフリカ情報をオンエア中!ケニアの生活・ビジネス・観光から、英語・青年海外協力隊・オピニオンまで幅広く発信してます!

画像

生活情報

ネット料金はいくら?ケニアで携帯会社を選ぶ【後編】

投稿日:2016-05-10 更新日:

【前編】ではケニアの大手キャリア3社の特徴について紹介したが、今回の【後編】ではそれぞれの利用料金について見ていこうと思う。

Safaricomの通信料金

Safaricomはプリペイド式の料金システムになっている。

後払いも可能だが、登録に各種申請書・証明書が必要なのに対し、プリペイドは携帯電話を用いてすぐにチャージできるため圧倒的に便利だ。

プリペイドのデータ通信量(バンドル)は1日、7日、30日、90日の有効期限のものがある。

safaricom bundle 1

その料金はデータ通信量あたりの料金が最も安いもので、12GB @3,000Ksh(3,237円) / 30日である。

safaricom bundle 2

有効期限は30日となっているが、この12GBのバンドルを使いきらなくても、失効する前に幾らかのバンドルを買い足せば失われずに引き継がれる。

欠陥とも思えるくらい良心的なシステムだ…。

料金自体は、日本の格安SIM業者の平均価格が10GB-2,500円であるのと比較しても大きく変わらない。

むしろSafaricomは月額での契約ではなく、いくらでも買い足せる点では割安といえるかもしれない。

ちなみに僕はスマートフォンでのデータ通信に加え、PCのネット接続をすべてテザリングで行い、この12GBを月に2度ほど購入して約6,000Kshでネット料金をまかなっている。

Orangeの通信料金

Orangeの魅力は前編でも挙げた通り、定額制データ通信だ。

プリペイド制のバンドル料金は10GB @3,000Kshと、Safaricomに比べて割高だが、以下の様な定額制料金システムがある。

orange bundle(引用 : Orange Kenya – internet on modem)

1週間の契約だと料金は990Ksh、1ヶ月だと2,990Kshで“使い放題”になる。

リンク先では“unlimited”と表現されているが実は上限があり、1ヶ月契約だと20GBの使用で256kbpsの速度制限が付き、10GB使用すると切れる、となっている。

しかしそれでも2,990Kshで30GBのデータ通信ができるのは非常にお買い得だ。

Orange回線で快適なネット通信環境が整っているなら利用しない手はないだろう。

Aitelの通信料金

Airtelのプリペイドバンドル料金はほぼOrangeと同じだが、多少安くなっている。

またOrange同様、定額制の料金プランがある。

airtel bundle(引用 : Aitel Data Bundles)

こちらは1日、1週間、1ヶ月の契約があり、通信量あたりの料金はOrangeより割高だ。

また特徴として、GmailやFacebook, Twitter, Instagram、WhatsAppといったSNSは、読んで字のごとく無制限で利用できるようだ。

まとめ

前編ではケニアの大手キャリア3社の特徴について、本記事ではそれらの料金システムについて説明した。

やはり通信速度、利便性の点から言えばSafaricomのSIMは1枚必ず持っておきたい。

その上で、大都市周辺で生活するのであれば、Orangeのモバイルルータを買い、定額のデータプランを契約するのが現時点での最善手に思える。

そうすることで月々のネット料金は、3,000~4,000Kshくらいで収められるだろう。

最後に、注意すべきは、ケニアがインターネット通信の黎明期だからか、この3社の料金システムはめまぐるしく変わっている点だ。

実際に僕がケニアに来てからの1年でSafaricomのインターネット(バンドル)料金は3度も変わっている(すべて値上げ)。

今後も利用する側のフレキシブルな対応が求められる。

※2016年5月時点の情報を元に記事を執筆しています。

 

今日の一言 : スマホのデータ通信を繋ぎっぱなしにしてたらケニア人に怒られた。

-生活情報
-, , , ,

Copyright© AFRICA ON AIR , 2017 AllRights Reserved.