AFRICA ON AIR

アフリカから現地のミクロな情報をオンエア!ケニアで活動中の青年海外協力隊が、生活やビジネスに役立つ情報を中心に発信するブログです!

uber

生活情報

Uberを使うときはこの3つに気をつけて!

投稿日:2016-08-27 更新日:

前回はUberのメリットについて説明しましたが、今回はその逆。

“ケニアでUberを使うときに気をつけるべきこと”を紹介したいと思います。

前回の記事はこちら↓

もちろん記事にも書いたとおり、余りにもメリットが大きいので使わないほうがおかしいくらいです。

しかし、もちろん使う上で注意すべきことはあるので、それを説明していきます。

Uberを使うときに注意すべきこと3つ

surge(ピーク料金)

まずはsurge(“急上昇”という意味で、日本語ではピーク料金と呼ばれる)。
地域によってはこのsurgeというシステムが採用されています。
これがどういうものかというと、Uberに配車の依頼が殺到した時に、運賃に適当な倍率で料金が加算されるというもの。
最大値は不明ですが、2倍以上のsurgeが設定されることもよくあります。
surgeは、車をリクエストする前にアプリの画面上に表示されるのでその時に確認できます。
このsurgeは数分単位で変動しているようなので、高い時は少し待ってみるとすぐに正規料金に下がることもあります。

虚偽の請求

アプリでGPSに従って料金が決定するとはいえ、やはり途上国ではボッタクリは絶えません。
実際に僕がやられたのは、ドライバーが「アプリが動かなくなってしまった」と言い、実際の料金よりいくらかかさ増しして請求してくるという手法。
普通は、ドライバーがUberのアプリで表示される料金請求画面を見せてくるのだが、これを見せずに請求してきたのでした。
利用者であるこちらのアプリにも料金は表示されるので、それが発覚しました。
また、架空の請求画面(スクリーンショットなど)を見せてくることもあり得ると思います。
価格が決まっているというところの裏を突いて、虚偽の請求をしてくることもあるので要注意です

既存タクシーによるデモ

Uberはあまりにもメリットが大きすぎるので、既存のタクシー会社はデモを起こしています。

他にも、既存のタクシードライバーによる投石でフロントガラスが割れるなどの事件も起きているので、Uberを利用するときは注意が必要です。
例えば、ダウンタウンのようなごちゃごちゃとしたところを通らないなどの対策は必要かもしれません。

まとめ

以上、Uberの注意点を3つ紹介しました。

お金を多く払ってしまったというだけなら後悔で済みますが、3番目のデモや攻撃というのは自分の身に危険が振りかかる恐れがあるので、何よりも注意しなければなりません。

これを心に留めて、Uberを使っていこうと思います。

 

★Uber関連記事★

-生活情報
-, , ,

Copyright© AFRICA ON AIR , 2017 AllRights Reserved.