AFRICA ON AIR

アフリカから現地のミクロな情報をオンエア!ケニアで活動中の青年海外協力隊が、生活やビジネスに役立つ情報を中心に発信するブログです!

greeting_business

スワヒリ語 ビジネス

大ウケ間違いなし!自己紹介で使える実用的スワヒリ語フレーズ第1弾

投稿日:2016-06-16 更新日:

Habari zenu?

今回は自己紹介で使える実用的なスワヒリ語フレーズを紹介していく。

挨拶することは本当に大切

もちろんアフリカに限らずどこでもそうだけど、ここケニアでも挨拶することが人間関係を築くと言っていいほど重要だ。

初対面の人とも握手を交わして言葉を交わすことはよくあること。

農村にでも行かないかぎりほとんどのケニア人は英語を喋れるので、HiでもHeyでもHow are youでも言えれば問題ない。

だが「こんにちは」の一言くらいはもちろん、もうちょっと踏み込んで自己紹介までスワヒリ語でできればかなり喜ばれる

いや実際かなりウケる。

そんな便利なフレーズを紹介していくので、是非実践してみて欲しい。

超基本スワヒリ語フレーズ6選

Habari yako?

まずはこれ。
人に出会ったらHabari yako?と言いながら手を差し出して握手を求める。
意味は英語で言うと“How are you?”
日本語のこんにちはと同じと思えばOK。
こんにちはをJambo(Jumbo)としている教本もあるが、実際のところあまり使われていない。
読み方はそのまま「ハバリヤコ」。
疑問形だがアクセントはヤに付く。
もう一つポイントとして、Rは英語のように発音せずローマ字読みでいい。
スワヒリ語が日本人にとって簡単と言われる一つの理由でもある。

Nzuri sana.

これはHabari yako?に対する受け答え。
Habari yako – Nzuri sanaはセットで覚えよう。
意味は“Very Good”で読み方は「ンズーリサーナ」。
アクセントはズとサに付くから、イントネーションは「室伏広治」と一緒。
強調に当たるsanaを省略してNzuriだけでもいける。
自分から相手に聞き返すフレーズとしてはいくつかあるが、Habari yako?が自然で全く問題ない。
Goodの言い方もいろいろあって、ケニア人はMzuri、Salama、Poaなど使い分けてくるけど意味は全部同じ。
そしてちょっと体調が悪くても挨拶はNzuri、これは基本だ。

Habari zenu?

この意味はHabari yako?に同じだが、相手が複数の時に使われる。
大勢の前で自己紹介するときなど、まずはじめにこの挨拶を全体に投げかける。
すると、気持ちいいくらいの声量で全体からNzuriと帰ってくる。
掴みとして必須のフレーズだ。
読み方は「ハバリゼヌ」で、ゼを強調する。
他の言い方にHamjambo?(ハムジャンボ)というのもあって、これは意味は同じだが少し丁寧な印象になる。
この時の受け答えはHatujambo。

Ninaitwa ◯◯.

次に名前を言おう。
意味は“My name is ◯◯.”
読み方は「ニナイトゥワ」で、アクセントは文法的にはiに付くが、実際のところあまり気にしなくても伝わる。
本来Ninaitwaは“I’m called”私は~と呼ばれるという意味。
My name is ◯◯. はJIna langu ni ◯◯. という言い方になるが、Ninaitwaさえ押さえておけば問題ない。
また、スワヒリ語と日本語の発音が近いゆえ、名前系はネタになりやすい。
例えば山本さんや村田さんはそのままケニアの言葉で意味があったりする。
またあまり馴染みのないSHINNOSUKEみたいな長い名前もかなり受けるのでネタとして使っている。

Unaitwa nani?

“What’s your name?”
これは相手の名前を聞くときに使う。
読み方は「ウナイトゥワナーニ」、ナを少し伸ばして言う。
naniの部分にアクセントは付かないので、この時はUnaitwaのiのアクセントを意識しよう。
察しのいい人はお気づきと思うが、Niは一人称単数、Uは二人称単数の主格である。
自己紹介では、自分の名前を名乗れば必然的に相手も名乗るのであまり使うことはないが、こう聞かれた時はNinaitwaで答える。
また、小さい子どもなどに“Unaitwa nani?”なんて声をかけてあげれば、照れくさそうにしたり喜んだり不思議がったりと、反応が見れて面白い。

Nimetoka ○○. (Ninatoka ◯◯.)

“I’m from ◯◯.”
自分の出身地を伝える。
me、naどっちを使ってもいい。
読み方はこれもそのまま「ニメトカ(ニナトカ)」でアクセントはどちらもトに付く。
だいたいの人はNimetoka Japan.で問題無いだろう。
スワヒリ語的に日本はUjapaniになるんだけど、Japanと言ってしまった方が自然で理解されやすいと思う。
ちなみに相手の出身地を聞くときはUmetoka wapi?(Unatoka wapi?)
wapiはwhereの意味。

まとめ

ここまで言えれば基本は完璧。

ケニア人からの第一印象もかなりよくなるはずだ。

次はもうちょっと詳細な自己紹介フレーズを紹介しよう。

 

-スワヒリ語, ビジネス
-, , , ,

Copyright© AFRICA ON AIR , 2017 AllRights Reserved.